青雲塾

青雲塾とは

旧館ph

 青雲塾は昭和22年(1947年)、中曽根康弘が敗戦によって荒廃した祖国の国土と人心を復興再建することを目的として設立した思想運動の拠点です。
 敗戦直後の日本は、多くの国民が従来の価値観や生活指針を失い、共産主義が全国を席捲しつつありました。中曽根はこれを憂い、日本の歴史・文化・伝統に沿った新しい日本を再建すべく決意し、旧内務省の官職を辞して、郷里・高崎へ帰り青年運動を起こします。中曽根はこの地に一本の柱を立て、毎日日の丸を掲揚し、個人の人格の練磨と共に愛郷心の育成、アジア的民族主義の昂揚、国家、社会への貢献等を目標に青年の啓蒙と育成に努めました。そのときに展開した運動が「青雲塾」です。
 昭和22年4月、総選挙に立候補した中曽根は、全国最年少の28歳で国会議員に当選。
 青雲塾には「青雲塾綱領」や「修学原理」「我が宣言」を掲げ、この理念に共鳴した塾生は日本全国に広がり約4万人を超え、そうした青雲塾の目指す理念の拠点として、昭和31年には同志の寄付金を得てこの地に青雲塾会館を設立しました。
 その後この青雲塾会館は平成15年に建て替えられ、平成18年には現在の資料館等を増築、その精神と運動は現在もここに引き継がれています。

 

青雲塾綱領

一、同志は、礼儀を正しく、信義を重んずべし。

一、同志は、謙虚に学び、議見人格を磨くべし。

一、同志は、父母を敬い、家庭を温かくし、社会に奉仕すべし。

一、同志は、世界に眼を開き、祖国を愛すべし。

一、同志は、団結し、郷党の中堅国家の柱石となるべし。

 

修学原理

一、教科書

一瞬一刻の人生が教科書であり、苦楽恩誉のすべてが神の賜うた教材である。

一、教 室

教室は同志の心にある。真心を以って通ずれば、皆同じ教室に在って共学しているのである。

一、基 本

責任感と行動力が生まれなければ、学んだとは言えない。修養は、勇気を以って心の内外の抵抗を乗り切ることに始まる。

一、順 序

修学の順序は、修養、斎家、治国、平天下である。

一、目 標

生きたままの最高の芸術品に、その人生を完成して世を去ることを修学の目標とする。

 

塾長 中曽根康弘の紹介

サミットph

本人ph

 大正7年(1918) に群馬県高崎市生まれ。昭和16年東京帝国大学法学部卒業。昭和22年衆議院議員に初当選。科学技術庁長官、運輸大臣、防衛庁長官、通商産業大臣、行政管理庁長官、自由民主党総務会長、同幹事長を歴任。昭和57年から61年11月の5年間に渡り内閣総理大臣として内政外交の舵取り役を務めました。
 内政面では「戦後政治の総決算」を掲げ、戦後の高度成長によって肥大化した行財政制度にメスを入れ不可能と言われた行政改革を実現しました。当時、大きな赤字を抱え、国労、動労の二大労組による頻繁なストによって国民生活に多大な支障をきたし、国の税金を巨額投入していた日本国有鉄道を解体、市場競争原理のもとに分割・民営化すると共に将来の通信技術の進展に伴う情報化社会の到来を見越して日本電信電話公社を民営化、またバイオ技術の発展による新たな産業分野開拓を目指した日本専売公社の民営化を断行しました。そうした民営化はサービスの飛躍的な向上と共に今日の国民生活に大きな貢献を果たしています。
 また、外交面では「国際国家日本」を提唱。レーガン米国大統領との間で互いを“ロン・ヤス”で呼び合う信頼関係を基に日米関係を構築。先進国首脳会議(サミット)では西側諸国の団結を訴え、レーガンと共にサミットをリードし、そうした西側諸国の結束がソビエト社会主義共和国の崩壊へと繋がりました。また、アジア、ヨーロッパなど多面的な外交を積極的に展開し世界に日本を発信。各国との友好関係を深めると共に世界における日本の地位向上に努めました。
 現在は、公益財団法人世界平和研究所会長として、外交や安全保障について積極的に発言し、世界に対し日本の発信に努めています。また、同研究所では安全保障、外交に関する優れた論文に対し「中曽根康弘賞」を授与しこれを顕彰しています。

 

(リンク)

    公益財団法人 世界平和研究所

    日の出山荘 中曽根康弘・ロナルド レーガン日米首脳会談記念館

 

(著作及び関連本リスト)

著書タイトル 共著者等 出版社 出版年
青年の理想 一洋社 昭和22年(1947)
修正資本主義と社会連帯主義 一洋社 昭和23年(1948)
日本の主張 経済往来社 昭和29年(1954)
二十一世紀への階段(1・2部) 科学技術庁監修 弘文堂 昭和35年(1965)
われら大正っ子(第1部/全3冊) 9人による共著 徳間書店 昭和36年(1961)
(翻訳)政界入門―現代アメリカの政治技術  渡邉恒雄との共訳 弘文堂 昭和37年(1962)
南極―人間と科学(写真と文) 文・写真/中曽根康弘 弘文堂 昭和38年(1963)
(翻訳)党首争い―英国保守党の主導権抗争 Rチャーチル著を翻訳 弘文堂 昭和39年(1964)
日本のフロンティア 恒文社 昭和41年(1966)
(池田久克著による中曽根防衛庁長官)
「長官空をゆく」
フェイス出版 昭和47年(1972)
海図のない航海―石油危機と通産省 日本経済新聞社 昭和50年(1975)
新しい保守の論理 講談社 昭和53年(1978)
心のふれあう都市 サンケイ新聞社 昭和55年(1980)
「天地有情」 (写真集)中曽根康弘事務所 共同通信社 昭和58年(1983)
中曽根康弘句集 角川書店 昭和60年(1985)
波涛を越えて 中曽根総理講演集(抜粋) 中央公論社 昭和60年(1985)
私の政治信条―日本政治の再構築 夏期自民党研修会(2回)講演記録 自由民主党 昭和62年(1987)
My political philosophy -reshaping Japanese politics- 夏期自民党研修会(2回)講演記録(和英) 自由民主党 昭和62年(1987)
(写真集)「ロンとヤス-日米首脳この5年」 総理大臣官邸写真室長 久保田富弘 グラフジャパン 昭和62年(1987)
宰相中曽根康弘の1806日 写真冊子 上毛新聞編集 上毛新聞社 昭和63年(1988)
新しい世紀に向かって―中曽根講演集 中曽根総理講演集(抜粋) 中曽根事務所 昭和63年(1988)
世界は変わる―キッシンジャー中曽根対談 対談 読売新聞社 平成2年(1990)
中曽根康弘―トップダウン型政治家― インタビュー発言編集 中曽根事務所 平成3年(1991)
共同研究「冷戦以後」 村上泰亮、佐藤誠三郎、西部邁との共著 文藝春秋社 平成4年(1992)
共同研究「冷戦以後」 中国語訳、ロシア語訳 村上泰亮、佐藤誠三郎、西部邁との共著
私の履歴書(新聞連載) 日本経済新聞社 平成4年(1992)
政治と人生 講談社 平成4年(1992)
翻訳「政治と人生」 (ロシア語、韓国語、ポルトガル語 訳)
遥かなる山河(新聞連載) 上毛新聞社 平成4年(1992)
中曽根内閣史「理念と政策」(全6巻) 中央公論社事業出版 平成7年(1995)
中曽根内閣史「資料編」 中央公論社事業出版 平成7年(1995)
中曽根内閣史「日々の挑戦」 中央公論社事業出版 平成7年(1995)
中曽根内閣史「首相の1806」上下 2冊 中央公論社事業出版 平成7年(1995)
中曽根内閣史「資料編 続」 中央公論社事業出版 平成9年(1997)
天地有情―50年の戦後政治を語る 鼎談(伊藤隆、佐藤誠三郎) 文藝春秋社 平成8年(1996)
翻訳「天地有情」(韓国語 訳)
政治と哲学 梅原猛との共著 PHP研究所 平成8年(1996)
対談―改憲・護憲 宮沢喜一との対談 朝日新聞社 平成9年(1997)
対談―がんを克服する方法教えます 渡邉恒雄対談 日本法制学会 平成10年(1998)
日本人に言っておきたいこと PHP研究所 平成10年(1998)
写真集「中曽根康弘の肖像」 蛭田有一による写真集 求龍堂出版 平成11年(1999)
「政治と人生」英訳
「The Making of The New Japan」
Routledge Curzon Press 平成11年(1999)
憲法大論争―改憲、護憲 宮沢喜一対談 朝日文庫 平成12年(2000)
平成9年出版「対談-改憲護憲」の文庫版
新版 中曽根康弘句集
(1985出版内容同一、簡易本)
北溟社 平成12年(2000)
二十一世紀日本の国家戦略 PHP研究所 平成12年(2000)
翻訳「二十一世紀日本の国家戦略」 (ロシア語、韓国語訳、ポルトガル語 訳)
永遠なれ、日本 石原慎太郎対談 PHP研究所 平成13年(2001)
「21C日本の国家戦略」英訳
『Japan A State Strategy For The Twenty-First Century』
Routledge Curzon Press 平成14年(2002)
「論争 教育とは何か」 中曽根康弘、西部邁、松井孝典、松本健一共著(座談会) 文藝春秋社(文春新書) 平成14年(2002)
命の限り蝉しぐれ―日本政治に戦略的展開を― 竹村健一対談 徳間書店 平成15年(2003)
「21世紀日本の国家戦略」中国訳、
『日本二十一世紀的国家戦略』
海南出版社(中国) 平成16年(2004)
自省録―歴史法廷の被告として― 新潮社 平成16年(2004)
時事放談 [1]  中曽根康弘、宮沢喜一、後藤田正晴ほか 講談社 平成16年(2004)
日本の総理学 PHP新書 平成16年(2004)
中曽根康弘元首相が語る―変革の時代
これからの日本、これからの社会
俳句、語録、インタビューほか含 上毛新聞社 平成17年(2005)
「自省録」英訳
「Meditation -on the Nature of Leadership」
PHP Institute,INC. 平成18年(2006)
「政治と人生」中国訳
『政治与人生―中曽根康弘回想録―』
東方出版社(中国) 平成20年(2008)5月
中曽根康弘句集2008 卒寿記念、1985年以降の俳句 北溟社 平成20年(2008)5月
保守の遺言 角川書店 平成22年(2010)5月
政治は文化に奉仕する―これからの政治と日本― 松本健一対談 シアテレ新書 平成22年(2010)7月
未来のおとなへ語る
わたしがリーダーシップについて語るなら
子供向け書き下ろし (株)ポプラ社 平成22年(2010)10月
リーダーの力量 梅原猛対談 PHP 平成22年(2010)11月
私がリーダーシップについて語るなら 大人向け (株)ポプラ社 平成22年(2010)12月
(韓国語版)「保守の遺言」 韓国中央日報出版 平成23年(2011)3月
中曽根康弘が語る戦後日本外交 中曽根康弘(聞き取り) 新潮社 平成24年(2012)10月
青山常運歩ー中曽根対談集 中曽根康弘 毎日新聞社 平成24年(2012)10月
なかそね荘 中曽根康弘 世界文化社 平成27年(2015)2月
上へ